FXと集中力

副業として始めたFXで利益を出すために重要となるのが、集中力です。

手軽に資産を大きく増やせるというイメージがあるFXですが、売買のタイミングを間違えると、一瞬で大きな損失を出してしまうこともあるものです。
ゼロカットシステムがない国内のFX業者を使っている場合、強制ロスカットによって詐欺被害に遭った場合よりも多額の借金を背負ってしまうことは珍しくありません。そんな損失を抑えるために重要となるのが、集中力です。

FXの注文はとても簡単で、購入する通貨ペアや数量などを選択し、注文ボタンを押すだけです。スマホ対応のLINE FXのようなサービスを利用すれば、いつでもどこからでも取引を行うことができます。ただ、手軽な分、注意をしなければいけないのが操作ミスです。

本業で疲れ切った状態で、操作をすると予定していた以上の数量を入力したり、予定とは違うタイミングで注文を行ったりするミスが起きる可能性があります。操作ミスであっても、一度行った注文は取り消すことができず、返金をして貰うこともできません。ミスがあった場合は、そこから少しでも多くの返金を受けられるように対応していくことが大切です。

注文直後にミスに気付けば、リカバリーも可能でしょう。
しかし、ミスしたことにすら気づかず強制ロスカットが行われると、思わぬ損失を出してしまう可能性があります。

手違いで起きた損失は、詐欺被害とは違い誰かを咎めることもできません。強制ロスカットが起きた後では、経験者に相談をしてもそこから持ち直すことが難しい状態となることもあるでしょう。そのため、FXの損失を抑えるためには、操作ミスが起きないように気を付けておくことが大切です。

本業が忙しく疲れている時は取引をしない、取引をするのは集中力が続く時間のみなど、ルールを決めておくだけでも損失を抑えることに繋がります。周りにFX経験者がいる場合は、冷静に取引をするためにどんな点に気を付けているかなど、気になることを相談してみるのも良いでしょう。

集中力が持続する時間というのは、長くても90分程度と言われています。本業終わりで疲れた状態であれば、集中力が続く時間はさらに短くなってしまうことも多いでしょう。

そのため、FXで安全な取引をしたいのであれば、集中するのは1時間までなど無理のない形を選んでおくおとがおすすめです。スマホからトレードを行う場合も、集中力や冷静さがある状態かを考えた上で、操作に入るようにすると良いでしょう。